June 07, 2009

観劇倶楽部


シアター・ウィークエンド公演「幻は紅の彼方に」

作・演出: 松本喜臣

キャスト: 岩田浩明、後藤明日香、竹内幸司、山岸憲、大前梢、横山直人、金澤あかね、原田行孝、國立麗、佐野麻澄、佐治美佳子、他

2009年 5月29日(金)19:00の部 観劇

久しぶりに(私が知っている)ウィークエンドの骨太なお芝居を観た・・。

 作品は、活動の拠点が今池にあった頃(約30年前)の、松本さんの代表作の一つ、「幻は紅の彼方に」・・。

「黒い夕焼け」、「星の地下道」に続く三部作の最終章、として理解してますが、間違っていたらゴメンなさい・・。

 内容的には、「星の地下道」」を、ストレートに、且つ、分かりやすく進化させた作品、、その分、登場人物が奔放に演じられる(=遊べる)作りにも成っていて、十二分に、楽しめた・・。

 お話は、ある施設に入ってきた夢多き人々が、薬物投与によって洗脳されて行く様子を描いたものであるが、、今を生きる私たちが、中々夢を描けないで足掻いでいる社会状況と重なってきて、恐ろしくもあった・・。

 演技陣も、芸達者で、存分に、笑わせてくれた・・。とくに、一瞬だけ、床の水掃除で登場する謎の人物には、思い切り、笑ってしまった、、あんな登場の仕方もあるんだなと、、私には、とても参考になった・・。(爆笑)

満足度(5段階):★★★★

Posted by kappajuku at 07:33 P | from category: Main | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks