December 15, 2007

観劇倶楽部


劇団シアター・ウィークエンド公演「ラ・ヴィータ〜愛と死を見つめて〜」

作:高泉淳子、演出:水間邦子、監修:松本喜臣

キャスト:岩田浩明、竹内幸司、山岸憲、篠原高司、島田千暖、立花唯、後藤明日香、中野由佳子、福谷ゆかり、國立麗、金澤あかね、倉知亜矢、石原渉、堀部幸隆、白土裕也、橋山直人

観劇:12月7日(金)19:00部


シアター・ウィークエンドのスタジオ公演「ラ・ヴィータ〜愛と死を見つめて〜」の2日目の公演を観た・・。遊◎機械/全自動シアターの作品・・。

 大昔、タイニイアリスで公演してたときにオーナーの丹羽さんから「アリスフェスで初めて遊◎機械の芝居を観たときとても斬新な手法で面白いと思った・・」という話を聞かされた事があった・・。

 小劇場畑の劇団という事もあってセットや演出方法などにとても共感する部分が多い・・。とくに横に長いテーブル(食卓)を舞台中央に置く芝居が初期には多かったような気がする・・。

 作家の高泉は、自分の少女期の葛藤を登場人物の少年に投影させて描いてきたという話もどこかで聞いたことがある・・。従って、時折り、妙に心に響いて来るシーンがあったりする。

 逆に、今回のような、兄弟のシーンでは、ちょっと掘り下げが足りないのでは?と思ってしまうこともある・・(女性では描きにくい部分なのかな・・?)。

 印象に残ったのは、岩田さんを巡って、愛人の立花さんと妻の島田さんが張り合いシーンは、とても迫力と、説得力があって、演劇的にもとても面白いシーンでした(爆笑)。岩田さんのとぼけた味もなかなか最後まで好感が持てた・・。また、後藤さんも、今迄にはない女優らしさが出ていて、成長が伺えた・・。

 従来のスタジオ公演では、劇団員が書くことが多かったので、どうしても役者のキャラクターが全面に押し出されて来る事が多かったような気がしますが、今回のような、ある意味、普遍的なデフォルメされた登場人物を、劇団員が演じることも、楽しいのではないかと思った。勿論、観る側も十分楽しめました・・。

相変わらず客席は満杯で大入りでした・・。凄いな・・。



Posted by kappajuku at 11:35 P | from category: Main | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks